TOP中央競馬について>日本中央競馬会【JRA】

日本中央競馬会【JRA】

中央競馬は、日本中央競馬会 (JRA) が主催する競馬である。1954年9月25日に東京競馬場、京都競馬場において初めて開催された。

日本中央競馬会は、中央競馬を主催・施行すると共に、中央競馬を開催する競馬場やトレーニングセンター、競走馬の育成場などの施設を保有する農林水産大臣の監督下にある全額国出資の特殊法人である。

監督部局は農林水産省生産局畜産部競馬監督課である。世界最大の馬券売り上げを誇り、毎年3,000億円以上を売り上げの一部から国庫に納入している。

また日本中央競馬会主催するレースの賞金は世界に冠たる高水準とされ、世界的に一部高額なレースはあるものの、平均的に見れば日本中央競馬会の主催する重賞レースの賞金は非常に高い。

さらに、馬主団体と呼ばれる馬主の団体の運営費を日本中央競馬会が持っている。これは「競走協力金」と呼ばれ、各レースの上位3頭の馬主が所属する馬主協会に支給される。

略称の「JRA」は、英文表記の「Japan Racing Association」の頭文字を取ったもの。以前は「NCK(Nippon Chuo Keiba-kaiの略)」という略称であったが、1987年に略称が変更された。現在でも電話投票等の口座振替で「NCK」の文字を見ることができる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。